医師の腕と施術方法を比較してから選ぶことが大切

サイトメニュー

目頭切開の相場

エステティシャン

目頭切開の費用は施術法をチェックしよう

目元に行う美容整形の中でも若い方に人気なのが、目の横幅を広げる「目頭切開」というメスを使う手術です。目頭切開を行うことで目がより大きく見え、西洋人のようなメリハリのある顔立ちを作ることができます。メスを使う手術ですので術後は目元が腫れてしまうものの、強い腫れは約3日程軽い腫れも約2週間ほどで自然と消えて行きます。術後約1週間ほどで抜糸となり、抜糸後は目元のスキンケアやアイメイクも行えるようになるので、メスを使う美容整形としてはダウンタイム期間は短いと言えるでしょう。多くの美容外科クリニックで行われている美容整形ですが、銀座エリアには目頭切開を得意としているクリニックが多いようです。銀座の美容外科クリニックで目頭切開を受けた場合、どのくらいの費用がかかるのか相場をチェックするのがおすすめです。目頭切開の相場は片目だけ施術を行った場合は約12万5000円ほど、両目の場合は約25万円が目安と言われています。片目だけ施術を受けるという患者さんは少ないので、目頭切開にかかる費用は約25万円前後と考えておくと良いしょう。

目元の美容整形の中でも若い人に人気の「目頭切開」は、銀座の美容外科クリニックでも受けられる手術です。目頭切開には大きく4つの方法があり、それぞれ施術内容や効果に違いがあるため、各術式の違いを知っておくことが必要です。できるだけナチュラルな仕上がりにしたい、術後の腫れが少ない術式を選びたいという人におすすめなのが、Z法とリドレープ法です。Z法は目頭部分をZ形に切開する方法で他の術式と比べると変化は少ないものの、傷が小さく傷跡が目立ちにくいという特徴があります。リドレープ法も通常の目頭切開よりも控えめに切開するので、自然な仕上がりになり傷跡が目立たないという点が魅力です。蒙古ひだを解消したい・西洋人のような平行二重になりたいという人に向いているのが、W法という術式です。文字通り目頭部分をWの形に切開する術式で完全に蒙古ひだを除去することができ、目元の印象を大きく変えられます。三日月法という術式もありますが傷跡が目立ちやすく、また後戻りもしやすいということから銀座のクリニックでは、あまり行われていない美容整形です。このように目頭切開は術式の種類が豊富なので、自分がなりたい目元に合わせて術式を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2019 医師の腕と施術方法を比較してから選ぶことが大切 All Rights Reserved.